学校キャンパス DOS

幼稚園、小中学校、さらに音楽学校を含む全校生徒1100人の学校キャンパス。様々な年齢の子供達、聴覚障害を持った子供達、国籍や文化の違う子供達を一つのクラスターの中に混ぜて、ありのままの実社会の縮図として教育するというウィーン市の新しい教育方針から計画された学校キャンパスです。

敷地の北側に接して走る鉄道の騒音を避けるために、3つの体育館を線路沿いに配置し、教室群は南側に向けてテラス状に計画しています。

敷地の高低差を建物の内外のデザインに利用して一階と二階に連続するエントランス空間を作りました。一階に一般市民が多目的ホールや体育館を利用するためのエントランス、そして二階に学校キャンパスのメインエントランスを設けています。

ウィーン市が要請する省エネルギー対策のため、南面のファサードは遮光効果のある手すりと一体化した緑のカーテンをデザインしました。

DATA
計画中  2018年 – 2022年
オープン設計コンペ  一等入選
Floor area: 17.000m²
Location: Deutschordenstraße 4, 1140 Vienna

CLIENT
City of Vienna

ASSIGNEMENT
General planner, Architecture

LANDSCAPE PLANNING
SIMMA ZIMMERMANN LandschaftsarchitektInnen

CONSULTANT
Vasko+Partner

S.E.A. TEAM
Caroline Heidlauf, Matthias Kraßnitzer, Thomas Kügerl, Joel Profe, Alex Seitlinger, Elena Armbruster

VISUALISATION
Schreiner Kastner

 

Privacy policy