ツィアクスガッセ高校 (2018 - 2020年 ウィーン 一等入賞 F+P Architekten ZT GmbHと共同設計)

ウィーン中心地区の歴史的保存建造物に指定されている19世紀末に建造された学校の改築、増築プロジェクト。多様なコミュニケーションスペースを必要とする現代的な教育コンセプトに古い建物を適応させるため、今まで外部空間であった学校の中庭の上にガラスの屋根をかけて内部空間に変え、バルコニーと大階段のある4層吹き抜けの空間を提案している。校庭に増築する建物はなるべくボリュームを小さく作り、体育館は地下に計画することで、できる限り大きな校庭を確保している。