ペントハウスR (2012年ウィーン)

ウィー ン郊外に位置するペントハウス。屋上テラスへとつながる中庭を中心に子供達が周りを走り回れる生活空間を計画した。リビングルームとダイニングは段差に よって少し高い位置にあり、収納と本棚と空調を兼ねた仕切り壁によって、全体とゆるやかにつながりながら落ち着く空間を作っている。小さな三つの子供部屋 の前には広い廊下空間を作って子供達の遊び場として使えるように設計し、ガラス戸を開くと中庭と一体となり、リビングルームとも連続したスペースになる。 寝室群とリビングダイニングをつなぐキッチンではウィーンの街並みを見渡しながら料理ができ、夜景を見ながら仕事ができる窓際のカウンターを設けている。